よくある質問
よくある質問
 
うまかん工房のよくある質問をまとめてみました。
購入する前にご参考にして頂ければ幸いです。

HOME | よくある質問

“幸運”や“勝ち”を意味する動物なので飾り馬は所有者の今後の飛躍・成功を願うためです。

節句のお祝いとしてならば、5月人形を飾るときに一緒に。
開業・新築等のお祝いとしてならば、玄関先や床の間など。

①飾り馬だけで飾る。飾るスペースを取りません。
②飾り台による飾り。6号・8号用専用台があります。飾り馬の造形を引き立てます。
③ガラスケース入り。8号・10号用ガラスケースがあります。通年飾られてもホコリ汚れが付きません。
の3種類の飾り方があります。

飾る場所にあったサイズでいいです。
大きい飾り馬も小さい飾り馬も意味合いは同じです。
6号(18㎝)~25号(70㎝)まであります。

白でなくてもいいです。その昔、真っ白な毛並みの馬が希少な為“神の使い”として扱われた事で神馬や大将馬とされた名残です。令和元年6月現在、伊勢神宮の神馬「国春号」「草新号」も茶毛です。
また、愛着ある競走馬や好きな武将の愛馬の毛色で選らばれる方もいます。
白毛、栗毛(赤茶)、黒毛が制作可能です。

収納時、ホコリを軽く叩いて箱に入れます、害虫が気になるようならば人形用防虫剤(しょうのう)を飾り馬本体に接触しない様に同封してください。防虫剤の入れすぎは変形・変色の原因になりますので1箱につき1つにしてください。

破損の場合はほぼ修理可能です。永年劣化の場合は状況次第です。打ち合わせの上で適切な修理をします。

はい、可能です。
加工が複雑に成るほど時間と費用が掛かります。
打ち合わせの上で製作させていただきます。
 
1体の製作期間が50日とありますが、刺繍名入れ馬はなぜ10~14日で完成するのですか?
仕掛品と言って刺繍部を取り付けるまでのストック品を在庫として確保しているからです。
なのでストック品が切れた時が完売となります。

はい。五月節句販売時期にあたる3月上旬~4月下旬に工房内に展示会場を設けて13:0017:00の時間で営業します。
それ以外の時期は事前連絡いただければ対応します。
工房併設店の開業の告知はホームページTOPの“お知らせ”及びSNSでお知らせします。